客室 純和風の三種の屋敷

客室案内

純和風の三種の屋敷

大阪屋の客室は数寄屋造りの純和風客室「上屋敷」「新中屋敷」「中屋敷」の三種の客室がございます。
風情のある滝下通り側、自然溢れる庭園側があり、其々に異なる趣きがございます。

上屋敷

上屋敷イメージ01
上屋敷イメージ02

10畳本間+6畳次の間+2畳広縁+4.5畳茶室、または10畳本間+4.5畳次の間
当館でも最も広く、贅沢なつくりになっている上屋敷は全室が庭園側に面した間取りとなっております。お部屋の窓からは、四季折々の彩りが楽しめます。
※お部屋の写真は客室タイプの一例となります。お部屋タイプの指定は出来ません。

新中屋敷

新中屋敷イメージ01
新中屋敷イメージ02

10畳+4.5畳、または12畳
新中屋敷は当館の中では最も新しい客室タイプとなり、6名様までご利用可能となる少し広めのお部屋です。
※お部屋の写真は客室タイプの一例となります。お部屋タイプの指定は出来ません。

中屋敷

中屋敷イメージ01
中屋敷イメージ02

10畳、または8畳
シンプルな造りの中屋敷はお気軽にご利用頂けます。
※お部屋の写真は客室タイプの一例となります。お部屋タイプの指定は出来ません。

部屋数
全31室
客室備品
トイレ(ウォッシュレット) / 冷蔵庫 / テレビ / 金庫 / 浴衣 / スリッパ / はんてん / タオル / バスタオル / ハミガキセット / 歯ブラシ / 他 
名菓

ご到着時には吾妻の名産物の花いんげん豆を茶巾絞りにして、座付菓子にお出ししております。 人が毎日手ずから作るもので、ほどよい甘味が豆の味をそのままに、 お客様にご好評いただいております。(夏と秋は水羊羹となります)

ページの先頭へ